ニュース

各種ニュース・プレスリリースと各種イベント・セミナーをご覧いただけます。

2011年10月16日

Embedded Technology 2011 / 組込み総合技術展

ADaCは、来る2011年11月16日(水)~18日(金)の3日間、パシフィコ横浜において開催される、世界最大級の組込みシステム技術専門展「 Embedded Technology 2011 / 組込み総合技術展 」に出展いたします。今回の展示会では、「安全性・信頼性」をテーマに掲げ、「リアルタイムOS」「組込みマイコン」「車載ネットワーク」「次世代」という4つの構成で、お客様の多様なニーズに最適なソリューションをご紹介します。

さらにブース内プレゼンテーションにて、協調パートナーによる特別講演をはじめ、最新テクノロジーや課題解決へ向けたソリューションをご提案する様々なプログラムを実施します。ぜひ、ADaCブースにお立ち寄りください。

開催概要

【 会 期 】
2011年11月16日(水)~18日(金)
【 会 場 】
パシフィコ横浜
【 小間番号 】
C-17
【 参加費 】
無料(事前登録制、当日入場の場合、入場料1,000円)
【 事前登録 】
終了しました
 
 

展示概要

【 リアルタイムOSソリューション 】

仮想化・セキュリティ

ハードウェアとの融合によって実現される車載ITSの「新世代構想IVIシステム」と「セキュリティ」が最重要課題であるスマートフォンの実機デモによる『INTEGRITY』の仮想化テクノロジをご紹介します。

安全性・信頼性

「安全・安心・高信頼性」を具現化するプラットフォーム構想として、『INTEGRITY』の医療プラットフォームとFAプラットフォームをご紹介します。

【 組込みマイコンソリューション 】

マルチコア

「ISO 26262」の発効に伴い、車載電子制御系に求められているハードウェア、ソフトウェア共存による安全性追求の一環として、マルチコアによるソリューションを『MULTI』デバッガという観点でご紹介します。

ITS・新世代車載制御

幅広いユーザーのために、ますます進化する車載ITSの充実したマシンインターフェースと、ハイブリッド/EVに代表される新世代車載制御ソリューションをご紹介します。

【 車載ネットワークソリューション 】

Symtavision

自動車業界が注目する、ユニークで高度なアルゴリズムに基づいた形式的手法によるタイミング検証技術を結集させた『SymTA/S』の機能を高い拡張性とともにご紹介します。

コンフォーマンステスト

様々に検証された「車載ネットワークシステム」を、第三者の立場で確実に認証するサービスの流れに基づきご紹介します。

【 次世代ソリューション 】

次世代MULTI

決して妥協を許さず、常に時代のニーズに合わせて「高性能・高機能」を提供し続けるGHSのソリューションが、次世代に向けさらに進化をし続ける姿をご紹介します。

 

プレゼンテーション

『INTEGRITY』の仮想化テクノロジによる情報セキュリティ保護

リアルタイムOS『INTEGRITY』の仮想化テクノロジによって実現される究極の情報セキュリティ保護について技術的に解説します。

ソフトウェアの信頼性・安全性の追求

ソフトウェアの信頼性と安全性を保証するためには、基盤となるオペレーティングシステムの堅牢性と第三者による認証・アセスメントが重要なファクタとなります。これらの重要性とGreen Hills Software社の取組みをご紹介します。

組込みシステムの信頼性をキープするプログラムの解析

思いもよらない動きをしてしまったプログラムをビジュアルに追跡する『TimeMachine』、思いもよらない動きをしてしまう可能性のあるコードを未然に検出する『DoubleCheck』。これら組込みシステムの信頼性をキープする解析ツールをご紹介します。

形式的手法によるタイミング解析を実現した「SymTA/S」
 ~ECU及びネットワークのタイミング検証ツール~

システムの設計、実機での検証段階でタスクやフレームの最悪応答時間を形式的手法で算出し、ECU及びネットワークを搭載する車載システムの安全性の確保に貢献するタイミング解析ツール『SymTA/S』をご紹介します。

車載LANプロトコル向けコンフォーマンステストサービス

車載ネットワークの高度化に伴い、コンフォーマンステストの重要性が高まっています。ADaCのコンフォーマンスへの取組みと、テスト受託サービスについてご説明します。

形式的手法によるタイミングの解析を実現した「SymTA/S」

システムの設計段階、および実機での検証段階で、タスクの最悪応答時間を形式的手法で算出し、ECUを搭載するシステムの安全性の確保に貢献するタイミング解析ツール『SymTA/S』をご紹介します。

トレースデータの可視化と解析を実現する「TraceAnalyzer」

実機環境から得たトレースデータに基づきECUタイミングの可視化と解析を実現し、ECU搭載システムの検証作業に大きく貢献する『Trace Analyzer』をご紹介します。

特別講演

『SymTA/SによるCANバスの信頼性解析メソドロジ概説』株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

SymTA/SによるCANバスの信頼性解析メソドロジの概説をワークショップでのご紹介に先立ってご紹介します。

『東芝車載向けマイコン最新動向のご紹介』
 -自動車の環境調和と安全・快適性を支えるマイコン技術-
株式会社東芝 セミコンダクター&ストレージ社

自動車の基本機能は“走る”,“曲がる”,“止まる”ことである。近年、これらの機能を“環境に優しく”,“安全に”かつ“快適に”実現することが不可欠になり、半導体にも新たな役割が要求されている。これらを支える東芝半導体の活動の一つとして、モータ制御および機能安全に対するマイコンの取り組みを紹介する。

『MULTI統合開発環境のルネサスマイコン最新サポート状況のご紹介』ルネサスエレクトロニクス株式会社

MULTI統合開発環境は、高性能コンパイラ、多彩なデバッグ機能でルネサスエレクトロニクスのハイエンドマイコンをサポートしています。本日は、ルネサスエレクトロニクスが目指すスマート社会実現に向けた最新マイコン情報と共に、それを支えるMULTI統合開発環境についてご紹介します。

『コックピットの統合化を見据えた最新のグラフィクスLSIのご紹介』富士通セミコンダクター株式会社

電気自動車/ハイブリッド車の広がり、カメラなどの安全装備の充実、ICTと融合した各種運転支援サービスの立上りなど、ドライバーとクルマをつなぐ情報は益々増加しています。その接点となるHMI(ヒューマン・マシン・インタフェース)としてメータへの液晶ディスプレイの導入が進み、センターディスプレイと合わせたコックピットの統合制御が始まろうとしています。この市場の変化をリードする最新のグラフィクス製品を、各種アプリケーション例を交えながらご紹介します。

『GHSの次世代ソリューション』Green Hills Software社

次世代MULTIと次世代INTEGRITYが示す方向性を正式なリリースに先立ってお客様に紹介します。

『機能安全サポートプログラム “SafeAssure Program”のご紹介』フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社

フリースケール・セミコンダクタの車載分野でのポジションと取り組みを紹介し、お客様からの要望が増えてきている機能安全(Functional Safety)に対応すべく立ち上げた「SafeAssure(セイフ・アシュア)プログラム」を紹介いたします。

年別アーカイブ