2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2017年

2017/4/3
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

Green Hills Software、Imagination社と共にMIPS I6400 CPU向けの
リアルタイムOS INTEGRITYのサポートを発表
~ リアルタイム性能、セキュリティ、および信頼性が求められるシステムに向けた超効率プロセッシング ~

独ニュルンベルク 2017年3月16日発表 - モノのインターネット(IoT:Internet of Things)最大手の独立系ソフトウェアベンダーであるGreen Hills Software(以下、GHS)、およびImagination Technologies(IMG.L)(以下、Imagination社)は、MIPS I6400 CPUに対し、リアルタイムOS INTEGRITY®(以下、INTEGRITY)が利用可能となったことを受け、GHSのMIPS CPU向けツールサポートのさらなる拡充を発表しました。この組合せは、最高レベルの信頼性、セキュリティ、およびリアルタイム性能が求められる先進運転支援システム(ADAS)や自動運転、ネットワーキングなどのアプリケーションに、高度に効率化されたソリューションを提供します。

GHSのフラッグシップOSであるINTEGRITYは、最高レベルの信頼性、セキュリティ、およびリアルタイム性能が組込みシステムに提供できるよう設計されたパーティショニングアーキテクチャを中心に構築されています。INTEGRITYは、ハードウェアのメモリプロテクションを使用して、組込みアプリケーションの隔離、および保護を行いますが、そのためにセキュアな分離を介しています。そこではOSとユーザタスクを正確に実行し、悪意のある誤ったコードから完全に保護するのに必要なリソースが、各タスクに対し保証されています。

64ビットのMIPS I6400 CPUは、リアルタイムのハードウェア仮想化(VZ)機能を特長としています。これによって設計者は、複数のCPUコアを単一のコアに安全でセキュアに統合することで、コストが軽減できたり、複数のコアに求められる電力が節約できたり、さらには、アプリケーションごとにCPUの帯域幅を動的かつデターミニスティックに割付けることができます。I6400でVZは、より高度な使い勝手とCPU効率を提供する同時マルチスレッディング(SMT)とも組合わされています。このSMTとVZの組合せは、コンテキストスイッチングのオーバヘッドを最小限に抑える一方で隔離によるセキュリティという利益をもたらしてくれます。


Green Hills Software社 Advanced Products, vice presidentであるTim Reed(ティム・リード)のコメント:

「この度の最新の展開は、我々が様々なMIPSアーキテクチャとコアに提供している既存の幅広いコンパイラとツールに対するサポートの上に成り立っています。INTEGRITYとMIPS I6400の組合せは、感動的な価値の提案を与えてくれます。最高に信頼できるセキュアなMIPSベースソリューションを実装する場面で、共同し合うお客様がサポートできることを大変うれしく思います。」


MIPS Processors, EVPであるJim Nicholas(ジム・ニコラス)氏のコメント:

「著名な組込み開発ソリューションを有するGHS社は、間違いなくMIPSエコシステムにおける貴重なメンバーです。Imagination社のMIPS Warrior IクラスのCPUは、ADAS、工業オートメーション、HPC、ネットワーキングといったアプリケーション分野で確固たる牽引力を獲得しつつあります。INTEGRITYがサポートされたことで、それらの分野のお客様には、これで自社システムが究極の効率と信頼を達成できるという安心感が与えられます。」


INTEGRITYに加えて、GHSのMIPS CPUのサポートには、C/C++コンパイラ、アセンブラとリンカ、バイナリのツールチェーン、統合開発環境 MULTI®、ハードウェア・デバッグプローブ Green Hills Probe™SuperTrace™ Probe、およびドキュメンテーションが含まれています。GHSのMIPSアーキテクチャ、およびコア向けのサポートの詳細については、
http://www.ghs.com/products/mips_development.htmlをご覧ください。

■ Green Hills Software, Inc.(GHS)について

Green Hills Software社は1982年に設立され、独立系として最大の組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダです。2008年、GHSのINTEGRITY-178B リアルタイムOSは史上初めて、また唯一NIAP(米国国家情報保証パートナーシップ:NSAとNISTの共同事業)により ”EAL6+, High Robustness“ として認証されました。これは、これまでソフトウェア製品が達成した最高レベルのセキュリティです。GHSのオープン・アーキテクチャの統合開発ソリューションは、機器に緊密に組込まれ、セキュリティが絶対的に重要で高い信頼性をもち、工業界の認証を受けたソリューションを求める軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、および家電分野のアプリケーションを対象としています。本社は米国カリフォルニア州サンタバーバラで、欧州本社を英国に構えており、日本を含むアジア地域では、GHSの技術パートナーである株式会社アドバンスド・データ・コントロールズがサービスを提供しています。GHSに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.ghs.com/ をご覧ください。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年に設立され、「最適なソフトウェア開発環境」を常に追求し、時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、米国 Green Hills Software 社の技術パートナーとして、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションや、タイミング検証・最適化ツールなどの自動車関連ソリューションを、日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。ADaCに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

【本件に関するお問合せ】

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 TEL:03-3576-5351 / FAX:03-3576-1772
E-mail:planning@adac.co.jp


*Green Hills Software、およびINTEGRITY、MULTI、Green Hills Probe、SuperTreceは、米国、およびその他の国におけるGreen Hills Software,Inc. の商標または登録商標です。その他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る