2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2015年

2015/7/2
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

Green Hills Software、i.MX 6シリーズプロセッサ上で
車載に向けた統合のためのセキュアプラットフォームを実演
~ 先進運転支援システム(ADAS)、インフォテインメント、インストルメントクラスタ、テレマティクスの
セキュアで安全な統合に対する信頼された実行と開発環境 ~

米カリフォルニア州サンタバーバラ 2015年6月19日発表 – モノのインターネット(IoT:Internet of Things)最大手の独立系ソフトウェアベンダーであるGreen Hills Software(以下、GHS)は、同社が持つ定評のあるリアルタイムOS INTEGRITY®(以下、INTEGRITY)の車載向け統合プラットフォームを、車載インフォテインメント用のボードであるFreescale® i.MX 6シリーズSABRE(Smart Application Blueprint for Rapid Engineering)向けにも拡張させました。これにより、自動車メーカーとその傘下のサプライヤにはプロセッサの新たな選択肢が与えられ、デジタルインストルメントクラスタ、エンターテインメント、ナビゲーション、運転者支援といったマルチドメインのコックピットソフトウェアが、より小さく、より費用を抑えた構成に、安全でセキュアに統合できるようになります。

GHSは、Freescale Technology Forumにて、GPUアクセラレーテッドインフォテインメントシステム、およびGPUアクセラレーテッドグラフィックスが搭載された高速ブートデジタルインストルメントクラスタを動作させるLinuxゲストOSを初めて実演します。いずれのプログラムも、車載インフォテインメント用ボードである単独のi.MX 6 SABRE上で、干渉の独立が保証されたINTEGRITYと INTEGRITY Multivisor™(以下、Multivisor)によって実行されています。


FreeScale社 i.MX applications processors automotive business development managerであるDan Loop(ダン・ループ)氏のコメント:

「次世代車載コックピットの設計者は、i.MX 6アプリケーションプロセッサのような強力なプロセッサ上で1つ以上のオープンOSベースのモジュールと、セーフティクリティカルなソフトウェアモジュールが統合されることに期待を寄せています。両社相互に登録されている世界中の顧客は、i.MX 6シリーズとINTEGRITYで構築されたデジタルインストルメントクラスタを既に展開しており、i.MXファミリのアプリケーションプロセッサが提供するハードウェアセパレーションの性能とともに、GHSのINTEGRITY Multivisorソリューションが提供するこれらの拡張された統合性能によって、顧客が自身のソフトウェアの複雑性を管理するための援助ができることを楽しみにしています。」


競争力を維持するために、自動車メーカー、および傘下のティア1サプライヤは、利便性、信頼性、安全性に対する、運転手、乗客、規制機関からの高まる期待に応えなければなりません。LinuxやAndroidといった非商用OSによって、オープンソースの柔軟性や豊富なミドルウェアのフレームワークがもたらされますが、その一方で、高速ブート、高信頼性、そして安全性やセキュリティが求められる「ミッションクリティカル」なアプリケーションを実行させるために、安全性とセキュリティが公認されているリアルタイムOSが必要となります。それぞれクリティカリティのレベルに違いこそあれ、こうしたCPUのリソースを大量に消費するソフトウェアシステムのマルチドメイン集合の急増は、伝統的にダッシュボードの裏にそれぞれ独自のプロセッサ、スクリーン、ケーブル設置、エンクロージャを要求してきました。

このようなサブシステムを、より少ない数の強力なプロセッサと結合することは自然の運びですが、ソフトウェア機能の分離を保証しつつ、必要とされる性能、接続性、安全性の水準を達成するソフトウェアプラットフォームが必要となります。INTEGRITY、およびMultivisorテクノロジは、この信頼できる実行環境を提供し、Power Architecture®、ARM®、またはARM Virtualization Extension(ARM VE)をはじめとする、あらゆる主要な組込みプロセッサアーキテクチャ上で、工業、PoS、企業、モバイルなどの様々な顧客環境において10年以上の実績が認められています。結果的に顧客は、クリティカリティが混在する自社のソフトウェアを非商用OSと統合することに成功し、同時に、スペース、重量、コストの削減を達成しました。

車載インフォテインメント向けのi.MX 6 SABREは、インフォテインメント、インストルメントクラスタ、テレマティクス、後部座席のエンターテインメント設計をターゲットにしています。シングルコア、デュアルコア、クアッドコアのARM Cortex®-A9 CPUコアを土台として、自動車固有の接続性とマルチメディア周辺機器を幅広くサポートしています。

GHSは、i.MX 6シリーズのアプリケーションプロセッサ向けに包括的なソリューションを提供します。

  • コンフィグレーションが可能なソフトウェアパーティショニング、リアルタイムでミッションクリティカルな処理を特徴とする、INTEGRITY Multivisorの信頼されたマイクロカーネルとシステム仮想化テクノロジ
  • 安全性、信頼性、セキュリティが求められるアプリケーション向けのINTEGRITY分離カーネル
  • ネイティブOpenGL 3D、および2Dグラフィックスのサポート
  • AUTOSAR、およびOSEKアプリケーションプログラミングインタフェース
  • FIPS認証済みのV2X Client Cryptographic Toolkit(IEEE 1609.2)
  • DLM Security Credential Management System(SCMS)
  • ISO 26262、IEC 61508、EN 50128をはじめとする最高水準の自動車、および産業向けの安全規格に準拠したツールチェーン
  • マルチコアデバッガ、およびその他多くの統合された、時間節約型ツールを備えた統合開発環 MULTI®
  • 競合コンパイラよりも性能が30~35%上回るEEMBC®認証済みのi.MX 6向けC/C++コンパイラ
  • MISRA C/C++、ランタイムエラーチェック、静的ソースコード解析ツール DoubleCheck™をはじめとするコード品質向上ツール
  • ハードウェアの立上げ、および低水準デバッグ向けのハードウェア・デバッグプローブ Green Hills Probe™、およびSuperTrace™ Probe
■ Green Hills Software, Inc.(GHS)について

Green Hills Software社は1982年に設立され、独立系として最大の組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダです。2008年、GHSのINTEGRITY-178B リアルタイムOSは史上初めて、また唯一NIAP(米国国家情報保証パートナーシップ:NSAとNISTの共同事業)により ”EAL6+, High Robustness“ として認証されました。これは、これまでソフトウェア製品が達成した最高レベルのセキュリティです。GHSのオープン・アーキテクチャの統合開発ソリューションは、機器に緊密に組込まれ、セキュリティが絶対的に重要で高い信頼性をもち、工業界の認証を受けたソリューションを求める軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、および家電分野のアプリケーションを対象としています。本社は米国カリフォルニア州サンタバーバラで、欧州本社を英国に構えており、日本を含むアジア地域では、GHSの技術パートナーである株式会社アドバンスド・データ・コントロールズがサービスを提供しています。GHSに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.ghs.com/ をご覧ください。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年に設立され、「最適なソフトウェア開発環境」 を常に追求し、時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、Green Hills Software社の技術パートナーとして、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションを日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。また、CAN/FlexRayの設計・解析ツールやコンフォーマンス認証などの車載ネットワークソリューションにも力を入れています。ADaCに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

【本件に関するお問合せ】

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 TEL:03-3251-3170 / FAX:03-3251-3167
E-mail:planning@adac.co.jp


*Green Hills Software、およびINTEGRITY、Multivisor、MULTI、DoubleCheck、Green Hills Probe、SuperTrace Probeは、米国、およびその他の国におけるGreen Hills Software,Inc. の商標または登録商標です。その他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る