2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2014年

2014/6/18
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

DiSTI社、およびGreen Hills Software、安全性制約が厳しいISO 26262準拠自動車向けHMIディスプレイをサポートするためにパートナシップを締結
~両社が、安全性制約が厳しい航空宇宙、および医療市場での長年に及ぶパートナシップ、
および実績のある成功を自動車市場にも展開~

米フロリダ州オーランド 2014年6月2日発表 – 高性能な組込み3Dグラフィカルユーザインタフェースの開発のリーダー企業であるDiSTI Corporation(以下、DiSTI社)、および組込み、モバイル市場のための安全性、セキュリティが認証されたソフトウェア製品、サービスの最大の独立系サプライヤであるGreen Hills Software(以下、GHS)は、安全性制約が厳しいHMI(Human Machine Interface)システムで自動車市場をサポートするために、10年以上に及ぶパートナシップの拡張を発表しました。DiSTI社、およびGHSには、生命保全制約が厳しい(ライフクリティカルClass III)の医療機器市場において、FDA(米国食品医薬局)の501k認証を共同で受けたことに加えて、安全性制約が厳しいFAA(連邦航空局)のDO-178認証を受けた、航空宇宙、および航空電子機器市場における成功という長年の実績があります。

DiSTI社のGL Studioと、GHSの認証を受けた安全性、およびセキュリティのソリューション、サービス、および産業間の境界を乗越えることができる専門知識の組合せにより、自動車界OEM、およびティア1は、納入品を開梱後そのまま使用できる、この実績あるソリューションによって、各企業内での特定化作業において、テコ入れ効果(テコを使って効果を倍増)を享受することができます。このパートナシップは、自動車向け電気、および電子システムにますます高まる複雑性に対応するため、車載計器クラスタ、HUD(ヘッドアップディスプレイ)、およびインフォテインメントシステムのために利用する、安全性制約が厳しいISO 26262 ASIL認証を取得したディスプレイの製造に照準を合わせ、目標を設定しています。


Green Hills Software社 Business development, vice presidentであるDan Mender(ダン・メンダー)のコメント:

「DiSTI社のGL Studioは、最善のHMIツール体験を提供可能にする非常に高性能な画像用ツールです。自動車業界の安全性能力の推進を支援するためDiSTI社と連携し、我々の長年に渡る共通の顧客の成功を拡張できることを楽しみにしています。」


DiSTI Corporation presidentであるJoe Swinski(ジョー・スウィンスキー)氏のコメント:

「GHS社、および弊社は、長年に渡って良好な関係を築いています。そして、この関係を自動車市場にも拡大し、長年に渡り航空宇宙、および医療市場で築いてきた安全性制約が厳しい分野での提携すべてを使ってこれにテコ入れし、効果を倍増できることに感動を覚えています。」


自動車市場をターゲットとしたリアルタイムOS INTEGRITY®、およびGHSの他のリアルタイムOS製品に関する詳細については、http://www.ghs.com/products/auto_solutions.htmlをご覧ください。GL Studioの車載機能に関する詳細については、http://www.disti.com/automotiveをご覧ください。

■ DiSTI Corporation(DiSTI社)について

DiSTI社は、ビジネス、政府、および軍事用のHMIソフトウェア開発の世界的なリーダー企業です。同社の代表的な製品であるGL Studioは、プログラマ、および開発者が高忠実度をもった安全性制約が厳しい3D画像を構築することを可能にし、組込み車載アプリケーションのための対話容易性、および精巧性水準を高めながら、優れた性能、およびビジュアル品質を提供します。 ボーイング、カルソニックカンセイ、コンチネンタル、ESG、ジャガーランドローバー、ハネウェル、ロッキード・マーティン、NASA、日産、レイセオン、タタ、タレス、およびヴァージン・ギャラクティックをはじめとする、世界中の4,000名を超えるエンドユーザー、および700社を超える顧客が、DiSTI社のソリューションを使用して、保守トレーナーの育成、PC、およびインターネットベースのコースウェアの作成、および安全性の制約が厳しいアプリケーションのためのコンポーネントの開発を行っています。総合的なサービスプロバイダとして、DiSTI社は、顧客のプログラミング、および開発サービスの補完を提供しており、グローバルなシミュレーション、およびトレーニングコミュニティのためのトレーニングソリューションにおいても広く知られているリーダー企業です。DiSTI社に関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.disti.comをご覧ください。

■ Green Hills Software, Inc.(GHS)について

Green Hills Software社は1982年に設立され、独立系として最大の組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダです。2008年、GHSのINTEGRITY-178B リアルタイムOSは史上初めて、また唯一NIAP(米国国家情報保証パートナーシップ:NSAとNISTの共同事業)により ”EAL6+, High Robustness“ として認証されました。これは、これまでソフトウェア製品が達成した最高レベルのセキュリティです。GHSのオープン・アーキテクチャの統合開発ソリューションは、機器に緊密に組込まれ、セキュリティが絶対的に重要で高い信頼性をもち、工業界の認証を受けたソリューションを求める軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、および家電分野のアプリケーションを対象としています。本社は米国カリフォルニア州サンタバーバラで、欧州本社を英国に構えており、日本を含むアジア地域では、GHSの技術パートナーである株式会社アドバンスド・データ・コントロールズがサービスを提供しています。GHSに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.ghs.com/ をご覧ください。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年に設立され、「最適なソフトウェア開発環境」 を常に追求し、時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、Green Hills Software社の技術パートナーとして、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションを日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。また、CAN/FlexRayの設計・解析ツールやコンフォーマンス認証などの車載ネットワークソリューションにも力を入れています。ADaCに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

【本件に関するお問合せ】

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 TEL:03-3251-3170 / FAX:03-3251-3167
E-mail:planning@adac.co.jp


*Green Hills Software、およびINTEGRITYは、米国、およびその他の国におけるGreen Hills Software,Inc. の商標または登録商標です。その他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る