2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2014年

2014/3/5
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

Green Hills Software、64ビットアーキテクチャをベースにした
ARMv8-Aへのアクセスに対する早期支援を発表
~最初のターゲットはARM Cortex-A53、およびCortex-A57プロセッサ~

米カリフォルニア州サンタバーバラ、独ニュルンベルク 2014年2月25日発表 – 組込みソフトウェアソリューションの最大の独立系ベンダーであるGreen Hills Software (以下、GHS)は、ARM® Cortex®-A50プロセッサシリーズのために用いる、リアルタイムOS INTEGRITY®(以下、INTEGRITY)、および包括的統合開発環境 MULTI®(以下、MULTI)で構築された、業界初の組込みソフトウェア開発ソリューションを発表しました。このサポートによって、エンジニアリングチームは、自動車、モバイル端末、ネットワーク構築インフラ、産業、軍事/航空、およびモノのインターネット(IoT:Internet of Things)に対する次世代・高性能/低電力製品設計を、小さなリスクで、早期から始めることができます。

新しいARMv8-AアーキテクチャのためのGHSの64ビット対応のソリューションは、ARM社のFast Model仮想プラットフォーム上で作動する、以下の製品で構成されます。

  • INTEGRITYは、産業、医療、自動車、および鉄道で最高の機能安全性認証水準を達成しており、64ビットアーキテクチャ、および他のパフォーマンスアクセラレータを特徴とするCortex-A50プロセッサシリーズを活用することによって、高性能な実時間決定性を提供
  • GHSの記録的製品であるC/C++最適化コンパイラ/アセンブラ、および64ビットのツールチェーン
  • MULTI 64ビット デバッガ、MISRA C/C++ code quality adherence、プロファイラ、およびこの他、多くの統合された時間節約ツール


Cortex-A57プロセッサは、ARM社(以下、ARM)の最も先進的な高性能プロセッサですが、他方、Cortex-A53プロセッサは、世界最小の64ビットプロセッサで、ARMの最も先進的な高効率プロセッサです。Cortex-A50プロセッサシリーズは、ハードウェア仮想化、およびTrustZone®セキュリティにおいて進化した64ビットの処理能力、改善された命令セットアーキテクチャ、および32ビットアプリケーションに対する互換性を100% 提供し、既存のARMのソフトウェアベースと完全な互換性をもった、次世代組込みデバイスの機能を実現します。


ARM社 development solutions, general managerであるHobson Bullman(ホブソン・ブルマン)氏のコメント:

「ARMは、広いアプリケーション、および市場の集まりを横断するARMv8-Aベースのアーキテクチャの増殖をもたらす、豊富で多様性のあるエコシステムの創造をお約束します。 ARMのFast Model仮想プラットフォームテクノロジ、およびGHS社のソフトウェア製品の広範囲におよぶ、誂え製品(suite)の組合せを用いて、先導的シリコンパートナー、および双方に共通な顧客との重要な早期契約において、GHS社と密接に連携できることを喜ばしく思います。」


15年以上に亘って、GHSは、安全でセキュアなINTEGRITY、セキュアハイパーバイザ INTEGRITY Multivisor™、逆実行デバッガTimeMachine™、およびARMとの密接な協力によって開発された、記録的製品C/C++コンパイラによって、ARMプロセッサをベースにするデバイス製造業者に対する主導的サプライヤとなっています。


Green Hills Software社 CTOであるDavid Kleidermacher(デヴィッド・クライダーマッハー)のコメント:

「組込みシステムのためのソフトウェア開発サイクルは、高価で変化し続けるハードウェアの開発終了を待っていると、遅れを生じる可能性があります。弊社の顧客は、十分に妥当性が確認されたシミュレータ上で稼働するINTEGRITY RTOSを搭載した豊富なC/C+開発環境を使って、自社のアーキテクチャの研究、およびアルゴリズム評価を実施することができるので、時間、およびリソースの両方で便益を得ることができます。シリコンが入手可能となる前に、こうした種類の高品質な早期開発、および試験を行うことによって、工程上のリスクを大幅に減らすことができます。」

■ Green Hills Software, Inc.(GHS)について

Green Hills Software社は1982年に設立され、独立系として最大の組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダです。2008年、GHSのINTEGRITY-178B リアルタイムOSは史上初めて、また唯一NIAP(米国国家情報保証パートナーシップ:NSAとNISTの共同事業)により ”EAL6+, High Robustness“ として認証されました。これは、これまでソフトウェア製品が達成した最高レベルのセキュリティです。GHSのオープン・アーキテクチャの統合開発ソリューションは、機器に緊密に組込まれ、セキュリティが絶対的に重要で高い信頼性をもち、工業界の認証を受けたソリューションを求める軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、および家電分野のアプリケーションを対象としています。本社は米国カリフォルニア州サンタバーバラで、欧州本社を英国に構えており、日本を含むアジア地域では、GHSの技術パートナーである株式会社アドバンスド・データ・コントロールズがサービスを提供しています。GHSに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.ghs.com/ をご覧ください。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年に設立され、「最適なソフトウェア開発環境」 を常に追求し、時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、Green Hills Software社の技術パートナーとして、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションを日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。また、CAN/FlexRayの設計・解析ツールやコンフォーマンス認証などの車載ネットワークソリューションにも力を入れています。ADaCに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

【本件に関するお問合せ】

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 TEL:03-3251-3170 / FAX:03-3251-3167
E-mail:planning@adac.co.jp


*Green Hills Software、およびINTEGRITY、Multivisor、MULTI、TimeMachineは、米国、およびその他の国におけるGreen Hills Software,Inc. の商標または登録商標です。その他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る