2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2013年

2013/7/8
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

Green Hills Software、ARMベースプロセッサに対するAdaMULTIによるサポートを発表

~ツールチェーンが、電力効率の向上を求めるAda開発者のための完全統合ソリューションを提供~

米カリフォルニア州サンタバーバラ2013年7月2日発表– 組込みソフトウェア・ソリューションの独立系最大ベンダーであるGreen Hills Software(以下、GHS)は、ARM®プロセッサをベースにしたシステムをターゲット(実装対象)とする、Adaユーザー向けの、完全な統合開発環境が利用可能になったことを発表しました。ARM向けAdaMULTI™開発環境は、その優れた電力/性能比、および相対的費用効果から生まれた、組込みアプリケーションにおけるARMデバイスに対する需要の高まりに対応するために製作されてきました。

Adaプログラミング言語は、主として、リアルタイム制約があり、かなりの規模のチームによって開発され、長期にわたるサポートが必要なプロジェクトで使われます。防衛領域、およびアクセス制御等のセキュリティアプリケーションで幅広く採用されています。現場ミッションで使用されたり、遠隔から現場に実装されたりしている、電池で電力が供給される機器の稼働寿命を延ばすという要求が増えるにつれ、ARMベースのプロセッサが、削減された電力予算への適合に加えて、必要な性能を提供できるという理由によって選ばれています。

GHSの顧客は、既存のAda95ベースのアプリケーションを、新しいコンパイル環境のもとで、再びホストすることが可能です。さらに、この言語に最近追加された新たな特長の一部も、新リリースに含まれています。

ARM向けAdaMULTIは、広範なプログラミング・プロジェクトを完成させるために必要とされるすべてのツールを含んだ、完全な統合開発環境です。これらのツールには、ランチャー(laucher: 起動に使うプログラムなどのアイコン並び)、プロジェクトマネージャ、エディタ、ソースレベルデバッガ、EventAnalyzer™、ランタイムエラーチェック、コードカバレッジ解析、TimeMachine™ツールスイート、パフォーマンスプロファイラ(性能に関する共通解釈)、およびグラフィカルブラウザが含まれています。AdaMULTI開発環境のコンポーネントは、相互に認識、および相互に通信することによって、個々のパーツの組合せ以上に、環境全体をはるかに優れたものにします。この開発環境は、Windows、Solaris、およびLinuxのホストで実行し、ハードウェアのデバッグ、およびトレース用のGreen Hills Probe™、およびSuperTrace™ Probeを含めた様々なターゲット環境でのデバッギングを遠隔からサポートします。

AdaMULTI環境は、GHSの最適化C/C++コンパイラ、およびARMプロシージャコール規格、およびEABI規格に準拠したその他のコンパイラとともに使用することもできます。AdaMULTI環境は、GHSのリアルタイムOS(RTOS) INTEGRITY®、サードパーティ、および組織内で開発されたRTOSを含めた様々なRTOSをサポートしています。AdaMULTI環境はどのRTOSにも完全に適応できるので、設計者は、タスクレベルでのアプリケーションのデバッグ、および調整 (tune) が可能です。AdaMULTI環境は、複数のプロセッサ、およびコアを採用したマルチタスクのプログラム、およびシステムのデバッギングに好適です。

■ Green Hills Software, Inc.(GHS)について

Green Hills Software社は1982年に設立され、独立系として最大の組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダです。2008年、GHSのINTEGRITY-178B リアルタイムOSは史上初めて、また唯一NIAP(米国国家情報保証パートナーシップ:NSAとNISTの共同事業)により ”EAL6+, High Robustness“ として認証されました。これは、これまでソフトウェア製品が達成した最高レベルのセキュリティです。GHSのオープン・アーキテクチャの統合開発ソリューションは、機器に緊密に組込まれ、セキュリティが絶対的に重要で高い信頼性をもち、工業界の認証を受けたソリューションを求める軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、および家電分野のアプリケーションを対象としています。本社は米国カリフォルニア州サンタバーバラで、欧州本社を英国に構えており、日本を含むアジア地域では、GHSの技術パートナーである株式会社アドバンスド・データ・コントロールズがサービスを提供しています。GHSに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.ghs.com/ をご覧ください。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年に設立され、「最適なソフトウェア開発環境」 を常に追求し、時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、Green Hills Software社の技術パートナーとして、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションを日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。また、CAN/FlexRayの設計・解析ツールやコンフォーマンス認証などの車載ネットワークソリューションにも力を入れています。ADaCに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

【本件に関するお問合せ】

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 TEL:03-3251-3170 / FAX:03-3251-3167
E-mail:planning@adac.co.jp


*Green Hills Software、およびINTEGRITY、AdaMULTI、EventAnalyzer、TimeMachine、Green Hills Probe、SuperTraceは、米国、およびその他の国におけるGreen Hills Software,Inc. の商標または登録商標です。その他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る