2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2013年

2013/4/16
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

Green Hills SoftwareのINTEGRITY-178B RTOSをEsterline CMC Electronics社が
フライトマネジメントシステムに採用

~Esterline CMC Electronics社が、FACE Safety Operating System プロファイルに基づいて
開発されたアプリケーションをホストするプラットフォームに対して、
リアルタイムオペレーティングシステムにおける立証されたリーダーを選択~

米オハイオ、2013年4月2日発表 – 高度に保証されたオペレーティングシステムで世界的なリーダーであるGreen Hills Software(以下、GHS)は、Esterline CMC Electronics社(以下、CMC)が、CMA-4000フライトマネジメントシステム(以下、FMS: Flight Management Systems)の基盤として、 INTEGRITY®-178Bシングルコアオペレーティングシステム を採用したことを発表しました。CMCは、INTEGRITY-178Bリアルタイムオペレーティングシステム(以下、RTOS)の中のDO-178B Level Aに準拠した剛健 (robust) なパーティショニング機能にテコ入れして、航空電子機器格上げ計画の一つとなるフライトマネジメントシステムの提供をサポートする予定です。

CMCがDO-178B Level A認証のために選んだINTEGRITY-178B RTOSの機能性には、Future Airborne Capability Environment(以下、FACE™)技術規格に適合するアプリケーションをホストするために必要な能力が含まれています。その一環として、GHSに既存するDO-178B Level A準拠パーティショニング・ジャーナリングファイルシステム(PJFS-178B)とIPFLITE Ethernetスタックを、PowerPCベースのCMA-4000の中で統合します。CMA-4000は、C、C++、およびAda95プログラミング言語で開発されたFACE準拠アプリケーションをホストする機能を備える予定です。CMCは、FACEに適合するFMSアプリケーションを開発します。CMCが開発したFMSアプリケーションは、FACE Safety Operating System プロファイル(公に合意された仕様と解釈)で定義されている、ARINC 653 APIコールを通してINTEGRITY-178B RTOSと相互作用 (interact) します。アプリケーションをFACEに適合させるという要求を満たすためには、FACE技術規格で定義されたOperating System プロファイルを遵守する必要があります。

FACE技術規格は、FACE コンソーシアム(コンソーシアムが管轄するOpen Groupが作成)によって発行されたオープン規格です。


Esterline CMC Electronics社 Navigation Systems general managerである
Don Paolucci(ドン・パオルッチ)氏のコメント:

「CMCは、FACE技術規格に適合することを目的とするCMCのフライトマネジメントシステムに使用するオペレーティングシステムのパートナーとして、Green Hills Software社に協力していただけることになり、とても喜んでおります。FACE技術規格で定義されている参照アーキテクチャ (reference architecture) は複雑なシステムで、インタフェース、データフロー、コンポーネントから構成されています。Operating System セグメント(区画)は、他のFACEセグメントがその中で実行できる環境を提供します。Green Hills SoftwareにOperating System セグメントを提供していただくことによって、CMCは、中核機能、例えば移植性の高いフライトマネジメントシステムアプリケーション、およびアーキテクチャに必要なその他のFACEセグメントに対して集中することができます。」


Green Hills Software社 創業者・社長兼CEOであるDan O’Dowd(ダン・オダウド)のコメント:

「Green Hills Softwareは2010年以来、FACEコンソーシアムの主要メンバーです。Green Hills Softwareは、Esterline CMC Electronics社 が、自分たちのFACEアプリケーションをホストする基礎としてINTEGRITY-178B RTOSを信用してくださったことに大変感謝しております。Green Hills Softwareは常に、INTEGRITY-178Bを非常に柔軟でありながら安全性が高く、かつセキュアなRTOSとして、高い保証性を求められる、どの組込みシステムに対しても優れた基礎になり得ることを理想としてきました。当社は引続き、FACEコンソーシアムと、その会員各社に対するお約束を継続し、CMCのようなお客様に自信を持ってお使いいただけるFACE技術規格に適合する製品に、RTOS、ミドルウェア、言語ランタイム (language runtimes) 、コンパイラ、デバッグツールを統合して参ります。」


INTEGRITY-178Bは、パーティショニング強化型のオペレーティングシステムとしては、唯一、DO-178B Level A安全目標と高保証性セキュリティ要求(Common Criteria EAL 6+)の両方に適合しています。INTEGRITY-178Bは単体製品として、FACE Safety Operating System プロファイルとFACE Security Operating System プロファイルに沿って開発されたポータブルなFACEアプリケーションを、比類なくホストすることができます。INTEGRITY-178Bのお客様は、安全性、セキュリティ、または安全性、およびセキュリティ双方を保証するという要求に応えたインストレーションに使える、独立したRTOSを手に入れることができます。FACE Operating System セグメント、およびARINC 653サービスを利用する全システムの基礎としてINTEGRITY-178Bが使用される場合、パーティションリソースの構成には、ARINC 653 XML機能が標準としてサポートされます。

■ Green Hills Software, Inc.(GHS)について

Green Hills Software社は1982年に設立され、独立系として最大の組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダです。2008年、GHSのINTEGRITY-178B リアルタイムOSは史上初めて、また唯一NIAP(米国国家情報保証パートナーシップ:NSAとNISTの共同事業)により ”EAL6+, High Robustness“ として認証されました。これは、これまでソフトウェア製品が達成した最高レベルのセキュリティです。GHSのオープン・アーキテクチャの統合開発ソリューションは、機器に緊密に組込まれ、セキュリティが絶対的に重要で高い信頼性をもち、工業界の認証を受けたソリューションを求める軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、および家電分野のアプリケーションを対象としています。本社は米国カリフォルニア州サンタバーバラで、欧州本社を英国に構えており、日本を含むアジア地域では、GHSの技術パートナーである株式会社アドバンスド・データ・コントロールズがサービスを提供しています。GHSに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.ghs.com/ をご覧ください。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年に設立され、「最適なソフトウェア開発環境」 を常に追求し、時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、Green Hills Software社の技術パートナーとして、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションを日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。また、CAN/FlexRayの設計・解析ツールやコンフォーマンス認証などの車載ネットワークソリューションにも力を入れています。ADaCに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

【本件に関するお問合せ】

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 TEL:03-3251-3170 / FAX:03-3251-3167
E-mail:planning@adac.co.jp


*Green Hills Software, およびINTEGRITYは、米国、およびその他の国におけるGreen Hills Software,Inc. の商標または登録商標です。その他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る