2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2013年

2013/3/15
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

Green Hills SoftwareとLieberLieber Softwareが、
組込みシステムのEnd-to-endモデル駆動型手法で提携

~統合開発環境 MULTI とAMUSEの統合により、モデル駆動型開発の新世代が誕生~

米サンタバーバラ、独ニュルンベルク、2013年2月26日発表 – 最大手の独立系組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダであるGreen Hills Software社(以下、GHS)、およびLieberLieber Software社(以下、LieberLieber)は、両社がパートナーシップを締結したことを発表しました。LieberLieberは、Sparx Systems社(以下、Sparx Systems)が開発するEnterprise Architectにおけるモデルエンジニアリング・スペシャリストとして世界的に知られています。組込みシステムのEnd-to-end (開発始点から終点までを一貫する) モデル駆動型手法に対するサポートを求める顧客の声に応えて、GHSの統合開発環境 MULTI®(以下、MULTI)とLieberLieberのAMUSE(Advanced Modeling Using Simulation and Execution)を完全に統合し、組込みターゲットに直接つながるモデリングレベルにおける新しいデバッグ機能とテスト機能を具えた、優れたツールチェーンを提供します。

このソリューションは、高度に最適化されたコードジェネレータ(AMUSE)、組込みデバイス向けにおける最高クラスのコンパイラ(MULTI)、およびUML/SysMLモデルと組込みターゲットを直接結合してデバッグできる画期的なデバッグ機能を組合せたものです。MULTIは、モデルのコンパイルから生成されたC/C++コードを直接、それぞれのターゲットプラットフォームに実装することができます。デバッギング情報は、基点となるモデリング環境でAMUSEによって可視化され、ユーザはモデルを改善することができます。変更は直ちにターゲットに実装され、再びテスティングを行うことができます。コード生成は、クラス・ダイアグラム、ステートチャート、およびアクティビティ・ダイアグラムをサポートし、最終端の組込みデバイスを対象にして最適化することができます。この革新的な手法は、MULTIによってサポートされているすべてのターゲットに適用されます。

新しいツールチェーンは、GHSの組込みシステム向けMULTIと、Sparx Systemsの良く知られたモデリングプラットフォームEnterprise Architect、およびLieberLieberのグラフィカルUMLデバッガとコードジェネレータAMUSEから構成されます。


LieberLieber Software社 chief executive officerであるDaniel Siegl(ダニエル・ジーグル)氏のコメント:

「Green Hills Software社との提携により、Enterprise ArchitectをベースにするモデルエンジニアリングソリューションをMULTIのお客様に提供できるようになったことを、大変光栄に思います。」


Green Hills Software社 欧州・中東・アフリカ(EMEA)business development directorである
Chris Tubbs(クリス・タブス)のコメント:

「現代の開発者は、最も効率的な手段で製品を生産し、できるだけ早く市場に投入して、バグを極力減らした高品質なシステムを提供することを望んでいます。LieberLieber Software社のAMUSE、GHSの業界をリードするコンパイラ、およびMULTIの組合せは、これに必要な能力を高度に統合されたパッケージとして提供するものです。」

■ LieberLieber Software(LieberLieber)について

LieberLieber Software社は1996年に設立され、モデルエンジニアリング、および大規模対話型マルチタッチデバイスなどの驚くべき新技術を専門にするソフトウェアエンジニアリング会社です。LieberLieberのモデルエンジニアリング部門は、自動車、航空、防衛、医療機器、機械工学、組込みシステム、ソフトウェア開発の市場に向けた、Enterprise Architectのアドインとカスタマイズに注力しています。LieberLieber は能力の高いパートナーと共に、対話型UML/SysML、モデルシミュレーション、MDD、DSL、.NET用DME、および組込みシステムなど、最新技術をベースにした、信頼性の高いソリューションを開発しています。LieberLieberは墺国(オーストリア)のウィーンに本社を置き、全世界にパートナーシップを拡げています。LieberLieberに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.lieberlieber.com/をご覧ください。

■ Green Hills Software, Inc.(GHS)について

Green Hills Software社は1982年に設立され、独立系として最大の組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダです。2008年、GHSのINTEGRITY-178B リアルタイムOSは史上初めて、また唯一NIAP(米国国家情報保証パートナーシップ:NSAとNISTの共同事業)により ”EAL6+, High Robustness“ として認証されました。これは、これまでソフトウェア製品が達成した最高レベルのセキュリティです。GHSのオープン・アーキテクチャの統合開発ソリューションは、機器に緊密に組込まれ、セキュリティが絶対的に重要で高い信頼性をもち、工業界の認証を受けたソリューションを求める軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、および家電分野のアプリケーションを対象としています。本社は米国カリフォルニア州サンタバーバラで、欧州本社を英国に構えており、日本を含むアジア地域では、GHSの技術パートナーである株式会社アドバンスド・データ・コントロールズがサービスを提供しています。GHSに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.ghs.com/ をご覧ください。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年に設立され、「最適なソフトウェア開発環境」 を常に追求し、時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、Green Hills Software社の技術パートナーとして、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションを日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。また、CAN/FlexRayの設計・解析ツールやコンフォーマンス認証などの車載ネットワークソリューションにも力を入れています。ADaCに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

【本件に関するお問合せ】

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 TEL:03-3251-3170 / FAX:03-3251-3167
E-mail:planning@adac.co.jp


*Green Hills Software、およびINTEGRITY、MULTIは、米国、およびその他の国におけるGreen Hills Software,Inc. の商標、または登録商標です。その他の会社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る