2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2013年

2013/3/15
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

EEMBCが、新しいFPMarkテストスイートとベンチマークスイートの開発で、
解析のために DoubleCheckを使用

米サンタバーバラ、独ニュルンベルク、2013年2月26日発表 – 最大手の独立系組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダであるGreen Hills Software社(以下、GHS)は、Embedded Microprocessor Benchmark Consortium(以下、EEMBC®)が、新しい単精度、および倍精度浮動小数点演算向けベンチマークスイートFPMark™の高度な品質保証を確保するため、GHSの静的ソースコード解析ツール DoubleCheck™(以下、DoubleCheck) を採用したことを発表しました。EEMBCは、過去にもDoubleCheckを使用しており、今後も確認プロセスの一環として使い続けます。


EEMBC 技術ディレクターであるShay Gal-On(シェイ・ギャルオン)氏のコメント:

「多くの人々が使用する業界標準のソフトウェアを開発する場合、開発初頭から高品質で信頼性の高いコードを作ることが必要です。DoubleCheckは使いやすく、自分たちのコードにエラーが見つからない場合でも、他に存在するかも知れない確認すべきポイントを提示してくれます。」


EEMBCは、DoubleCheckを単精度、および倍精度浮動小数点演算をターゲットにする最新のベンチマークスイート FPMark上で実行しています。FPMarkはローエンドのマイクロコントローラからハイエンドの64ビットプロセッサにまで適用可能です。10万行を超えるコードでは、このプロジェクトのサイズはMultiBench™に匹敵します。


Green Hills Software社 CTOであるDavid Kleidermacher(デヴィッド・クライダーマッハー)のコメント:

「DoubleCheckは、従来のデバッギングとテストの技術しか使わない場合に比べて、プロジェクトの完成をより早めることによって、市場投入までの期間と開発コストを低減します。EEMBCが、引続き当社のソースコード解析ツールを使って、成果を挙げていることをうれしく思います。」

● 静的ソースコード解析ツール DoubleCheckについて

GHSが30年間培ってきたコンパイラテクノロジーをベースに開発したDoubleCheckは、ソフトウェアの安全性、ならびに信頼性の低下を引起こすプログラム上の問題を検出します。DoubleCheck はプロジェクトのソースコード全体を解析し、バッファオーバーフローやリソースのリーク、ポインタの無効参照、McCabeのような評価指標によって示される複雑度合いの高いコード、MISRA2004のような安全のためのコーディングルール違反などを検出します。DoubleCheckは、その高速な解析時間と、統合開発環境との完全統合という特長において、他の静的解析ツールと差別化しています。他の静的解析ツールは品質保証部門で使用されることが多々ある中で、DoubleCheckは、統合開発環境 MULTI(以下、MULTI)の機能の一部として組込まれているため、全ての開発者がいつでも簡単に利用でき、膨大なソースコードに含まれる障害発生箇所を速やかに発見し、修正を行うことができます。DoubleCheckはMULTIに組込まれているため、煩わしい設定作業を行わずに、大規模なソースコードをテストできます。また、DoubleCheckが生成するレポートは、どんなWebクライアントからでも簡単に確認することができます。

■ Green Hills Software, Inc.(GHS)について

Green Hills Software社は1982年に設立され、独立系として最大の組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダです。2008年、GHSのINTEGRITY-178B リアルタイムOSは史上初めて、また唯一NIAP(米国国家情報保証パートナーシップ:NSAとNISTの共同事業)により ”EAL6+, High Robustness“ として認証されました。これは、これまでソフトウェア製品が達成した最高レベルのセキュリティです。GHSのオープン・アーキテクチャの統合開発ソリューションは、機器に緊密に組込まれ、セキュリティが絶対的に重要で高い信頼性をもち、工業界の認証を受けたソリューションを求める軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、および家電分野のアプリケーションを対象としています。本社は米国カリフォルニア州サンタバーバラで、欧州本社を英国に構えており、日本を含むアジア地域では、GHSの技術パートナーである株式会社アドバンスド・データ・コントロールズがサービスを提供しています。GHSに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.ghs.com/ をご覧ください。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年に設立され、「最適なソフトウェア開発環境」 を常に追求し、時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、Green Hills Software社の技術パートナーとして、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションを日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。また、CAN/FlexRayの設計・解析ツールやコンフォーマンス認証などの車載ネットワークソリューションにも力を入れています。ADaCに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

【本件に関するお問合せ】

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 TEL:03-3251-3170 / FAX:03-3251-3167
E-mail:planning@adac.co.jp


*Green Hills Software、およびINTEGRITY、MULTI、DoubleCheckは、米国、およびその他の国におけるGreen Hills Software,Inc. の商標、または登録商標です。その他の会社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る