2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2012年

2012/7/5
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

Green Hills Software、Freescale新マイクロコントローラPXシリーズを最適に利用するため、
機能安全性ポートフォリオの範囲を拡張
~戦略的提携により、顧客は組込み性能とソフトウェア安全性のベストな組み合わせを自由に選択可能に~

米テキサス州サンアントニオ、2012年6月20日発表 Freescale Technology Forum (以下 FTF)- 最大手の独立系組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダであるGreen Hills Software社(以下GHS)は、マイクロコントローラPXシリーズを用いる機能安全性アプリケーション、および汎用アプリケーションの開発者に対して最適な製品とサービスを提供するために、Freescale Semiconductor社(以下 Freescale)と戦略的提携を行ったことを発表しました。産業機械、航空機、鉄道、医療機器などのメーカーは、幅広い半導体デバイス、ソフトウェア、および安全性アーキテクチャ・サービスの中から自らの技術目標と事業目標に合致する選択を行う自由を得ることになります。


Freescale Semiconductor社   Automotive and Industrial Systems Group
  Vice President and General Manager である Reza Kazerounian(レザ・カゼロニアン)博士のコメント:

「弊社のマイクロコントローラPXシリーズは、さまざまな産業分野に亘って、優れたパフォーマンスと堅牢な安全性を提供します。GHS社は最も自然で、推奨できるソフトウェア・パートナーです。なぜならば、GHS社の最適化された製品とサービスは、汎用から安全性認証されたものに至るまで、幅広いソリューションを、両社の顧客に提供できるからです」


社会基盤のソフトウェア依存度が高まる中、組込み機器メーカーは、それぞれの顧客に利便性、効率性、および信頼性を提供するため、ときには行政機関の新しい安全性規制に向き合いながら、より多くの機能を統合し、より多くのタスクを自動化しています。組込み設計者は、特性、安全性、およびビジネスモデルの正しい組合せをとりだせるようにするため、ある範囲のハードウェアとソフトウェアのビルディングブロックを必要とします。FreescaleとGHSは協力して、顧客に、汎用から最も厳格な安全認証を必要とする対象に至るまで、最適化されたデバイスを構築、および実装できるような、ハードウェアとソフトウェアが相乗効果的に結び付いたプラットフォームを提供していきます。

PXシリーズをサポートする対象としてポートフォリオ(製品・サービス系列)に加えたため、GHSは、今やリアルタイム・オペレーティングシステム(RTOS)、e200 CPUコアに向けた最適化コード生成、トレースを可能にする高度なマルチコア開発ツール、豊富なグラフィックスと通信用ミドルウェア、および組込み専門家向けサービスから構成された独特なファミリを提供することができます。高い信頼性、または機能安全性認証が必要なアプリケーションについては、顧客は、事前認証済みのINTEGRITY® RTOS、または認証可能なµ-velOSity™ベースの安全性BSP、安全性認定を受けた開発ツール、および組込み専門家向け安全性コンサルティングから選択し、IEC 61508 SIL 3(産業)、ISO 26262 ASIL-D (自動車)、DO-178B Level A(航空)、またはEN 50128 SWSIL 4(鉄道)の、最高安全性レベルを満たすことができます。


Green Hills Software社   Business Development
  Vice President である Dan Mender(ダン・メンダー)のコメント:

「GHSの製品、およびサービスのポートフォリオは、多様なPXのユースケース(利用例)を扱うことができます。あるユースケースは、INTEGRITYを汎用アプリケーションの信用できる基盤として利用しています。また、安全性に厳しいアプリケーションというユースケースでは、IEC 61508 SIL 3の認証を受けたINTEGRITY RTOS、およびその独特な分離アーキテクチャが、ひとつのデバイス上で、様々な安全性統合水準 (safety integration levels) をもったソフトウェアを統合することを可能にしています。これと対極をなすのが超小型のµ-velOSityで、リソースが限定されるアプリケーションや複雑でないアプリケーションに使われます。INTEGRITYとµ-velOSity は、いずれも同じシステムコール用API、同じミドルウェア、および最適化された開発ツールを共有しているので、顧客はソフトウェアへの投資を長期間維持し、かつさまざまな製品ファミリを横断して活用することができます」


FreescaleのPXシリーズ・マイクロコントローラは、実績あるPower Architecture® e200コアをシングルコア、またはマルチコアシステムとして実現し、最大性能600 DMIPS、最大実装4MBのフラッシュメモリとともに提供されます。PXファミリを構成する6種類の製品の用途は、グラフィックス、アナログ、ネットワーキング、または安全性臨界アプリケーションによって識別される独自性をもち、それぞれ焦点を合わせている周辺機器が異なります。PX S20は、事前認証済みの安全性、および環境アーキテクチャによって、特徴づけられます。

■ Green Hills Software, Inc.(GHS)について

Green Hills Software社は1982年に設立され、独立系として最大の組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダです。2008年、GHSのINTEGRITY-178B リアルタイムOSは史上初めて、また唯一NIAP(米国国家情報保証パートナーシップ:NSAとNISTの共同事業)により ”EAL6+, High Robustness“ として認証されました。これは、これまでソフトウェア製品が達成した最高レベルのセキュリティです。GHSのオープン・アーキテクチャの統合開発ソリューションは、機器に緊密に組込まれ、セキュリティが絶対的に重要で高い信頼性をもち、工業界の認証を受けたソリューションを求める軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、および家電分野のアプリケーションを対象としています。本社は米国カリフォルニア州サンタバーバラで、欧州本社を英国に構えており、日本を含むアジア地域では、GHSの技術パートナーである株式会社アドバンスド・データ・コントロールズがサービスを提供しています。GHSに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.ghs.com/ をご覧ください。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年に設立され、「最適なソフトウェア開発環境」 を常に追求し、時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、Green Hills Software社の技術パートナーとして、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションを日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。また、CAN/FlexRayの設計・解析ツールやコンフォーマンス認証などの車載ネットワークソリューションにも力を入れています。ADaCに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

【本件に関するお問合せ】

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 TEL:03-3251-3170 / FAX:03-3251-3167
E-mail:planning@adac.co.jp


*Green Hills Software, および INTEGRITY、µ-velOSity、MULTIは、米国、およびその他の国におけるGreen Hills Software,Inc. の商標、または登録商標です。その他の会社名、製品名は、各社の商標、または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る