統合開発環境 MULTI リアルタイムOS INTEGRITY µ-velOSity ハードウェア・デバッグプローブ SuperTrace Probe Green Hills Probe タイミング検証・最適化 SymTA/S TraceAnalyzer ハードウェア自動設計ツール Accelerate 認証サービス Conformance Test Service
自動運転用映像サービス VERTechs (外部リンク) その他 DinkumLibrary (外部リンク) EDG Front End (外部リンク)

タイミング検証・最適化 TraceAnalyzer

SymTA/S

TraceAnalyzer の概要

『TraceAnalyzer』は、ECUや通信バスのトレースデータをインポートすることにより、タイミングの解析や実行時間など、様々な統計データを生成しグラフィカル、あるいは表形式で表示するトレースデータ解析ツールです。

通信バスやECUのタイミング解析、およびその状況を視覚的に確認することができます。

視覚的な表示で、様々な解析状況を把握可能※画像クリックで拡大図を表示

機能紹介

グラフィカル/表形式による視覚的なデータ表示

インポートデータや解析の統計データを視覚的に表示し、タイミングの状況の迅速な把握や問題の原因解明を行う事ができます。

※画像クリックで拡大図を表示 【表示可能なデータ】
  • CPU・バスの負荷状況
  • 各タスク・フレームの応答時間の分布状況
  • タイミング状況(ガントチャート表示)
  • その他、様々な表示が可能
トレースデータのインポート/エクスポート機能

SymTA/S』やMicrosoft社のExcelとのデータ交換を容易に行うことができます。

タイミング解析ツール『SymTA/S』との連携機能

インポートされたトレースデータより、『SymTA/S』への入力データとして利用可能なタイミングモデルの生成が可能です。

関連ページ
関連リンク
カタログダウンロード