2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

ニュース・プレスリリース

2016年

2016/12/28
株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ

INTEGRITY Security Services、V2V通信向けに証明書を提供
~ 製造過程におけるV2X/C2X証明書のセキュアな生成と提供に向けISSが新サービスを開始 ~

米カリフォルニア州サンタバーバラ 2016年12月13日発表 - 米国運輸省(US DOT)の規則制定案告示(NPRM)によるDocket no. NHTSA-2016-0126の発表を受けて、Green Hills Software(以下、GHS)の事業部であるINTEGRITY Security Services(以下、ISS)は、ISS によるV2X/C2X Certificate Managed Service(CMS)を開始したことを発表しました。ISS CMSは、V2X(Vehicle-to-Everything)向け、ならびに欧州のC2X(Car-to-Everything)向けの証明書を、世界中の自動車を始め、スマートシティ製品の製造会社、さらにはオペレータにまでも提供することを可能とした、業界初にして唯一の製造級グレードのシステムです。

ISS CMSは、米国運輸省 / Crash Avoidance Metrics Partners LLC(CAMP)向けのSecurity Credential Management Systems (SCMS)の開発を通じた数年にわたる経験によって、SCMS自体を、V2Xの証明書におけるデファクトスタンダードとすることに成功しています。ISSのサービスは、自動車の生涯を通じた無線(OTA)による証明書の完備も去ることながら、デバイスの製造過程でCAMP、IEEE 1609.2-2016、ETSI TS 103 097準拠の証明書を直接提供することで、SCMSのオーバーヘッドを軽減します。

INTEGRITY Security Services, vice president and general managerであるDavid Sequino(デイビッド・セキーノ)のコメント:

「異なる自動車の作りやモデルの間で、安全でセキュアに通信するためには、様々な証明書が必要となります。ISS CMSは、製造過程における証明書に対する類まれなる画期的なソリューションであるため、これによって、V2X通信の安全性への利益が限りなく早期に現実のものとなるでしょう。ISSのチームは、最小限のリスクとコストでNPRMガイダンスを満足させるために、求められる専門知識を様々なOEMに提供します。」

ISS CMSは、V2VとC2CのOn Board Unit(OBU)で求められる、すべてのハードウェア、プロトコルスタック、そして証明書が完成されたV2Xネットワーキングソリューションの一環として始動しつつあります。多くのOBUは、登録証明書、初期の仮名証明書ブロック、そして現在のCRL(Certificate Revocation List:失効済み電子証明書の一覧)などと一緒に、CMSによって事前に規定されます。無線接続は、あらゆる証明書の完備やCRLの更新に対し、これらのOBUとISS CMSとの間のリンクを提供します。

■ INTEGRITY Security Services(ISS)について

INTEGRITY Security Services(ISS)は、クラス最高の組込みセキュリティソリューションを提供するために、2009年にGHSによって設立されました。ISSの製品とサービスは、非常に小さな組込みコンポーネントから大規模のデータセンターまで、デバイス、ソフトウェア、ネットワーク、データを製品のライフサイクルを通じて保護します。包括的なソリューションには、エンド・ツー・エンドのセキュリティを提供するための暗号化ツールキットや高可用性の企業PKIシステムが含まれます。ISSに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.ghsiss.comをご覧ください。

■ Green Hills Software, Inc.(GHS)について

Green Hills Software社は1982年に設立され、独立系として最大の組込みソフトウェア・ソリューション・プロバイダです。2008年、GHSのINTEGRITY-178B リアルタイムOSは史上初めて、また唯一NIAP(米国国家情報保証パートナーシップ:NSAとNISTの共同事業)により ”EAL6+, High Robustness“ として認証されました。これは、これまでソフトウェア製品が達成した最高レベルのセキュリティです。GHSのオープン・アーキテクチャの統合開発ソリューションは、機器に緊密に組込まれ、セキュリティが絶対的に重要で高い信頼性をもち、工業界の認証を受けたソリューションを求める軍事・航空、医療、工業、自動車、ネットワーク、および家電分野のアプリケーションを対象としています。本社は米国カリフォルニア州サンタバーバラで、欧州本社を英国に構えており、日本を含むアジア地域では、GHSの技術パートナーである株式会社アドバンスド・データ・コントロールズがサービスを提供しています。GHSに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.ghs.com/ をご覧ください。

■ 株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)について

アドバンスド・データ・コントロールズは、1982年に設立され、「最適なソフトウェア開発環境」を常に追求し、時代を先取りしたベスト・ソリューションをトータルに提供するリーディングカンパニーです。ワールドワイドなアライアンス体制を強みに、米国 Green Hills Software 社の技術パートナーとして、ローエンドからハイエンド製品まで対応した組込みシステム開発ソリューションや、タイミング検証・最適化ツールなどの自動車関連ソリューションを、日本の顧客ニーズに対応した形式で提供しています。ADaCに関する詳しい情報は、Webサイトhttp://www.adac.co.jp/ をご覧ください。

【本件に関するお問合せ】

株式会社アドバンスド・データ・コントロールズ  営業本部 企画部 TEL:03-3576-5351 / FAX:03-3576-1772
E-mail:planning@adac.co.jp


*Green Hills Software、およびINTEGRITYは、米国、およびその他の国におけるGreen Hills Software,Inc. の商標または登録商標です。その他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

▲ニュース・プレスリリースに戻る