2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

イベント・セミナー

Embedded Technology 2017 / 組込み総合技術展
IoT Technology 2017 / IoT総合技術展

ADaCは、世界最大級の組込みシステム技術専門展「 Embedded Technology 2017 / 組込み総合技術展 」、および併催展となる「 IoT Technology 2017 / IoT総合技術展 」に出展します。

あらゆる機器が繋がるIoT時代、システムが複雑化・多機能化する中で、開発期間の短縮や品質向上、セキュリティ対策が求められるソフトウェア開発の現場に向け、リアルタイムOSや統合開発環境をはじめとした、高い安全性と信頼性を実現する最新のソリューションをご紹介します。

この機会に是非ADaCブースへお立寄りください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

開催概要

【 会 期 】
2017年11月15日(水)~17日(金)
10:00~17:00 (16日は18:00まで)
【 会 場 】
パシフィコ横浜
【 小間番号 】
C-45
【 参加費 】
無料(事前登録制、当日入場の場合、入場料1,000円)
【 公式サイト 】
http://www.jasa.or.jp/expo/
【 事前登録 】
事前登録はこちら

展示概要

本展では、IoTの中でも特に高い安全性が求められる自動車と産業機器の分野に向け、「組込み開発支援」という視点から、高い堅牢性と信頼性が保証されたリアルタイムOSや統合開発環境、あらゆるスマートデバイスをサイバー攻撃から保護する最新のセキュリティサービスなど、「安全性」「信頼性」の高いソリューションをご提案します。

主なデモ展示
  • リアルタイムOSの仮想化技術を使った次世代車載システム

    リアルタイムOS「 INTEGRITY」は、米国家安全保障局から世界最高レベルのセキュリティ性、コモンクライテリアEAL6+を取得しています。また、INTEGRITY自身がハイパーバイザとなる仮想化機能を搭載しているので、安全かつセキュアな完全仮想化が可能です。この仮想化機能により、INTEGRITYのネイティブアプリケーションではメータクラスタ、ゲストOSではIVI系のアプリケーションがそれぞれ動作し、タッチパネルの操作で画像の素早い移動や高速プロセス間通信をデモでご覧いただけます。


  • 複雑化するソフトウェア開発に最適な統合開発環境

    統合開発環境「 MULTI」は、様々な機能安全規格を取得し、圧倒的なパフォーマンスを実現するコンパイラ、強力な解析機能を持つデバッガ、統一されたGUIなどでソフトウェア開発の各作業フェーズを効率よくサポートします。今回のデモでは、最新バージョンのGUIによるユニークなヒストリ機能やシミュレータをご覧いただけます。


  • 次世代制御システム向けハードウェア自動設計ツール

    Veltronix社の「 Veltronix Accelerate」は、リアルタイム制御ソフトウェアをベースにハードウェアアクセラレータを自動設計するツールです。ハードウェア設計において、工数のかかる制御ロジックを自動的に最適化し、複雑・肥大化する制御システムのパフォーマンスを飛躍的に向上することができ、自動車産業をはじめ、FA、防衛、ロボット産業など幅広い分野で使用することができます。


  • ECU/車載ネットワーク向けタイミング設計・解析ツール

    Symtavsion社の『 SymTA/S』と『 TraceAnalyzer』は、ECU、およびネットワークを搭載する車載システムの安全性、信頼性の確保に向けたタイミング解析と検証作業に大きく貢献します。本展では、ECU、ネットワーク、ユーザビリティ・インタフェース、およびプロトタイプモデリング機能などを紹介します。




プレゼンテーション

今回のプレゼンでは、「プログラム開発」「システムプラットフォーム開発」「セキュリティ対策」「設計効率向上」の各視点から、様々な組込みソフトウェア開発の課題に対し、最新のソリューションによる課題解決方法について講演を行います。

  『開発期間の短縮、信頼性を向上できる、効率的なプログラム開発』

組込みシステムは、ハードウェアの高性能化もあり、年々複雑化しており、より高い信頼性が求められています。 しかし、その一方で、開発期間やコストは削減され、開発現場では様々な課題を抱えています。
本セッションでは、ISO 26262、およびIEC 61508の機能安全の認証取得した統合開発環境MULTIで、これらの課題に対応した効率的なプログラム開発を紹介します。

  『今からでも間に合う、安全なソフトウェアプラットフォーム開発』

ワンチップマイコンから大容量のメモリと様々な周辺デバイスを搭載したSoCへと時代は移ってきています。扱う情報量の増加に伴って複雑化するソフトウェアに加え、現場は、従来よりもさらに短期間での開発を強いられています。
本セッションでは、このようなニーズに合うシステムプラットフォームと併せ、安全性・信頼性に優れたソフトウェア統合を支援する開発環境について紹介します。

  『そのシステム安全ですか?
   ~あなたのシステムを守るセキュリティデザイン~』

車載ECUや産業分野における制御機器は、従来の単独動作からネットワークで接続されて複合したシステムとして動作します。この状況で従来には考慮する必要が無かったシステム全体を考えたセキュリティデザインが必須になっています。
本セッションでは、組込みセキュリティに対する問題点と、その解決策を紹介します。

  『システムの動作タイミング、確実に検証していますか?
   ~システムのタイミング検証の確からしさとは~』

近年、ソフトウェアで実現されるシステムのタイミング設計は、より複雑さを増しています。
本セッションでは、タイミングに関する問題点の認識と、タイミング設計、検証に対するアプローチを紹介していきます。

  『その複雑な処理は制御周期に間に合いますか?
   ~ハードウェアを意識せずアクセラレータを作るには~』

最近の制御システムでは、特定の制御周期の間に実現しなければならない処理が多くなっており、機能の実現はより困難になっています。
本セッションでは、ハードウェアアクセラレータを併用し、実行時間の短縮を図るために、ソフトウェア開発者がハードウェアを意識することなく実現する手段を説明します。
※プレゼンテーションのタイトル、内容は予告なく変更になることがあります。予めご了承ください。

本展に関するお問合せ

営業本部 営業部まで E-mail:sales@adac.co.jp / TEL:03-3576-5351

▲イベント・セミナーに戻る