2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2008年 2007年 2006年
2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年

イベント・セミナー

Embedded Technology 2013 / 組込み総合技術展

ご来場ありがとうございました。

Embedded Technology 2013/組込み総合技術展

ADaCは、2013年11月20日(水)~22日(金)の3日間、パシフィコ横浜において開催された、世界最大級の組込みシステム技術専門展「 Embedded Technology 2013/組込み総合技術展 」に出展しました。

本展では、「信頼性」「安全性」「機能性」を中心とした「品質向上」をテーマに、お客様の組込みソフトウェア開発におけるさまざまな品質の向上を実現する「リアルタイムOS」「組込みソフトウェア開発環境」「車載ネットワーク解析ツール」をご提案し、さらにブース内では、最新テクノロジや課題解決へ向けたソリューションをご提案するプレゼンテーションを実施しました。

皆様のご来場、誠にありがとうございました。
車載、モバイル向けなど実用的なデモで盛況の展示コーナー 注目を集めた車載向けARM VEを用いた仮想化技術のデモ Vybridを用いたメータクラスタのデモ
▲車載、モバイル向けなど実用的なデモで盛況の展示コーナー ▲注目を集めた車載向けARM VEを用いた仮想化技術のデモ ▲Vybridを用いたメータクラスタのデモ
R-Car H2での車載向け3Dナビとメータクラスタのデモ モバイル向け仮想化技術について実機デモを展示 仮想化技術や機能安全に関するプレゼンテーションを実施
▲R-Car H2での車載向け3Dナビとメータクラスタのデモ ▲モバイル向け仮想化技術について実機デモを展示 ▲仮想化技術や機能安全に関するプレゼンテーションを実施
展示の内容はこちら
プレゼンテーションの内容はこちら

開催概要

【 会 期 】
2013年11月20日(水)~22日(金) 10:00~17:00 (21日は18:00まで)
【 会 場 】
パシフィコ横浜
【 小間番号 】
A-03
【 入場料 】
1,000円(招待状持参者と事前登録者は無料)
【 公式サイト 】
http://www1.jasa.or.jp/et/ET2013/

主な展示

  • リアルタイムOSによる仮想化テクノロジー
    世界最高レベルの安全性(EAL6+)を取得したリアルタイムOS「 INTEGRITY」の管理下で既存のOSやアプリケーションを動作させるセキュアで安全な仮想化テクノロジについて、近年、セキュア性やセキュリティ性の重要度がより高まっている車載システムや、スマートフォン、タブレットなどへの実用例を実機デモンストレーションを交えご紹介。

リアルタイムOSによる仮想化テクノロジー  EAL6+で認証されたINTEGRITYは、セキュアな分離による高い信頼性とセキュリティを保証します。仮想化されたAndroidは、INTEGRITY Multivisor上にゲストOSとして安全に実行します。

INTEGRITYによる仮想化技術の特長
  • IEC61508やEAL6+で認証された高い安全性とセキュリティ
  • 仮想化技術によりAndroidなどの汎用OSがRTOS上でセキュアに実行
  • 安全性レベルの異なるアプリケーションを完全に分離して同時に実行
  • デターミニスティックで高いリアルタイム性能(割込み応答性など)

  • 統合開発環境
    業界最高クラスの性能を誇る最適化コンパイラや、静的コード解析、動的実行解析など強力な解析機能をシームレスに統合し、機能安全規格IEC61508、EN50128(SIL4)、およびISO26262(ASIL D)の認証を取得済の統合開発環境「 MULTI」について、最新のトレース機能などをご紹介。
  • リアルタイムOS
    国際的な各種規格認証を取得し、航空機から携帯機器まで、広範囲の組込み機器開発に利用可能なリアルタイムOS「 INTEGRITY」について、グラフィックやカメラ機能を交えた車載システム、Webゲームなどのデモを用いてご紹介。
  • 車載タイミング解析ツール
    ECU、およびネットワークを搭載する車載システムの安全性、信頼性の確保に貢献するタイミング解析と検証作業に大きく貢献する『 SymTA/S』と『 TraceAnalyzer』について、新たに追加されたLINバス解析機能やEthernet対応のAUTOSAR XML 4.xのインポートなどの新機能をご紹介。

プレゼンテーション

  • 安全なソフトウェアを実現するセキュアなRTOS ~仮想化技術によるIVI統合~
    米NSAの厳しいセキュリティ評価を経てEAL6+セキュリティ認証を取得した唯一の商用リアルタイムOS『 INTEGRITY』。その強固なソフトウェア基盤での、セキュアで安全、かつ高速に実行可能な仮想化技術の実現方法を解説。
  • 機能安全規格ISO26262への対応 ~ASIL D認証ツールによる開発~
    IEC61508やISO26262などの機能安全認証を取得した統合開発環境『 MULTI』と、 第三者認証によりソフトウェア基盤としての安全性が保証されたリアルタイムOS『 INTEGRITY』。これらを用いた組込み開発について解説。
  • 組込みソフトウェアをパワーアップする最強コンパイラ ~品質を飛躍的に向上~
    世界中で最も実績のある統合開発環境『 MULTI』のツールチェーンである、最適化コンパイラ『Green Hills Compiler』。第三者機関でも実証された、開発コストの削減、開発期間の短縮を実現する性能について解説。
  • ECU、車載ネットワークにおけるタイミング解析 ~進化する車載向け最新ツール~
    ECU、およびネットワーク(LIN, CAN, FlexRay, Ethernet)などの車載システムにおけるタイミングを解析し、モジュール単位やEnd-to-Endでの最悪応答時間を導き出すことで車載システムの安全性の確保に貢献する『 SymTA/S』、および『 TraceAnalyzer』の解説。

本展に関するお問合せ

営業本部 営業部まで E-mail:sales@adac.co.jp / TEL:03-3251-3170

▲イベント・セミナーに戻る